すべて表示

以前の記事

2018年4月23日

【クラロワリーグ】日本4チームの「プロ選手」全16選手が決定!

日本や韓国、その他アジア諸国および地域(中国を除く)が所属する「クラロワリーグ アジア」には、計12チーム(日本4チーム、韓国4チーム、東南アジア4チーム)が参戦します。そしてこのたび、プロ選手選考を兼ね、ゲーム内で開催した「クラロワリーグ 20勝チャレンジ」や「プロ選手選考会」、「特別選手枠」により、日本の4チームに所属する「プロ選手」全16選手(各チーム4選手)が決定しました!

各チーム、どんな選手たちを選出したのでしょうか?それぞれのプロ選手からは、

①プロ選手になる意気込み
②座右の銘
③一番好きなカード
④過去実績(出場経験などある場合)

以上4点を伺っているので、あわせてご紹介します!


DetonatioN Gaming

世界大会出場経験もあるプロeスポーツチーム DetonatioN Gaming。「クラロワリーグ」参加により、DetonatioN Gamingに新たなモバイルゲームチームが誕生することになった。チーム監督はLewis選手が兼任する。

FAV gaming

FAV gamingは「Gzブレイン(ファミ通App)」のeスポーツチーム。チーム名は、チームスローガンでもある「Fun and Victory(楽しんで勝つ)」から採用された。チーム監督はファミ通App編集部でクラロワプレイヤーのおこめちんが務める。

GameWith

ゲーム情報メディアの運営や動画配信を行う「GameWith」初のeスポーツチーム。チームスローガンは【ゲームをより楽しめる世界を創る】。 魅力あふれるチームを築き、日本だけでなくアジアを代表するチームを目指す。チーム監督は大庭仙充が務める。

PONOS Sports

PONOS Sportsのキーワードは【ゲームが上手いことに価値を】【ゲームが本職でない人も】【共に成長】【最後まで諦めない】【エンターテイメント】【皆から愛されるチームへ】の6つ。 チーム監督はみかん坊や選手が兼任する。


以上が全16選手の皆さんでした!

この「クラロワリーグ」では、まず「シーズン戦」にて約70試合の総当たり戦を行い、日本・韓国・東南アジアの各1位チームが「プレイオフ」に進出できます。

なお「ワイルドカード」として全体順位4~7位のチームによるトーナメント戦による1位チームも「プレイオフ」に進出することができ、「プレイオフ」は計4チームによる勝ち抜きトーナメントとなります。

4/29(日)には日本チーム同士の熱きバトルが待っています!当日19時より試合の様子が生配信されますので、どうぞお楽しみに!


それでは、アリーナでお会いしましょう!