ニュース

2019年6月22日

【今夜プレイオフ開始】今から見始める人のためのクラロワリーグ アジア2019解説

世界最大規模のeスポーツプロリーグである「クラロワリーグ」。2019の今年は全世界をアジア、ウェスト(北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ)、中国の3つのリーグに分けてクラロワのプロ選手同士がチーム一丸となって熱い戦いを繰り広げています。

4月25日(木)に開幕した「クラロワリーグ アジア2019」は、日本、韓国、東南アジアから全12チームが出場しています。シーズン1では、所属する12チームを2つのグループに分け、フェーズ1でグループ内総当たり戦、フェーズ2でグループ交流総当たり戦を行い、レギュラーシーズンの全66試合を終えました。

今後、レギュラーシーズンで勝ち上がった8チームが6月22日(土)から始まるプレイオフで「クラロワリーグ アジア 2019」シーズン1の王者の称号を賭けて戦います。

プレイオフには、日本からはGameWithとPONOSの2チームが出場します!

プレイオフ初日となる6月22日(土)はグループAを勝ち上がった4チームが、6月23日(日)はグループBを勝ち上がった4チームがレギュラーシーズンでの成績に沿ったトーナメント方式で試合を行います。最終日の6月29日(土)に両グループを勝ち上がった2チームの決勝戦と3位決定戦が行われます。

プレイオフの試合フォーマットは決勝戦をのぞき、レギュラーシーズンと同様で、Set 1を「2v2」、Set 2を「1v1」、Set 3を「1v1 KING OF THE HILL(KOH)」とし、すべてのSetでBO3(3 Set中、2 Set先取)形式で行います。決勝戦のみBO5(5 Set中、3 Set先取)形式となります。Set 3はSet 1とSet 2で勝敗が決しなかった際に実施します。

シーズン1の成績上位3チームは、今年7月に中国・西安で行われる国際的なeスポーツ競技大会「World Cyber Games(以下:WCG)」への出場権を獲得することができます。WCGでは、「クラロワリーグ アジア」「クラロワリーグ ウェスト」「クラロワリーグ チャイナ」それぞれの上位3チームが地域対抗で戦い、"世界トップ地域"の座をかけて競います。

クラロワリーグ公式YouTubeでは、これまでの全試合のハイライトシーズン1名場面をお届けしています。レギュラーシーズンを見逃した方もプレイオフからでもお楽しみいただけます。ぜひ、好きなチームを見つけていっしょに応援しましょう!

(さらにこれまでのクラロワリーグをもっと知りたい!という方はこちらの記事もご覧ください!)

それでは、6月22日(土)19:00からのプレイオフ配信でお会いしましょう!

初戦カードは Talon vs OP GAMING の試合となります。

どうぞお楽しみに!