リリース情報

2020年3月3日

シーズン9のバランス調整

今月のバランス調整

ゴーレム、アースクエイク、ディガー、大砲、60式 ムートを調整します!

ディガー

クラウンタワーへのダメージ:40%から35%に低減

変更理由

ディガーはゲーム内でおそらく最も柔軟なユニットです。勝利につながる戦況を作り出すだけでなく、防衛するユニットを倒すこともできます。ディガーの一番の問題点は、スキルが高いプレイヤーほど、ディガーを必要とするという点です。実際、天界リーグやチャレンジの上位プレイヤーのバトルでは、ディガーが特に最も多く使われていました。42%という驚くべき使用率で、高い勝率を維持しています。2番目に多く使われているカードはザップで、使用率は32%でした。

そこで、クラウンタワーへのダメージを低減する調整をディガーに適用しました。これは、以前呪文に適用された調整と同様です。

呪文のクラウンタワーへのダメージも、40%から35%に低減されたことがあり、これに合わせて、勝因としてのディガーの有効性も調整しました。それでも高い使用率と優れた柔軟性があるため、上位プレイヤーが頻繁にディガーを使うことには変わりないかもしれませんが、今回の変更によって、上位のプレイヤーにとってディガーが不可欠なものではなく、選択肢の一つとしてバランスが調整されることを願っております。

アースクエイク

かくしテスラに影響するようになりました

変更理由

テスラは地面の下にあるので、アースクエイクでダメージを与えられるようになるということです。分かりやすい理由ですね!

そもそも、テスラが地面の下に隠れているのは、ダメージから逃れるためです。呪文の中でも、ライトニングやポイズンから逃れられるのは直感的に納得できます。しかし、フリーズが地面の下にあるテスラに影響する(テスラが地上に出られなくなる)のに、アースクエイクが地下にあるものにダメージを与えられないのは、いつも納得がいきませんでした。アースクエイクはですからね。

ゴーレム

小型ゴーレムのダメージ:-22.5%

小型ゴーレムの死亡時ダメージ:55%

変更理由

小型ゴーレムには、2つの問題がありました。相手に無視されると、相当なダメージを与えますが、爆発してもスケルトンさえ倒せないのです。そこで、爆発までの小型ゴーレムのダメージを変更しました。これによって、時間がたっても与えるダメージは少なくなりますが、爆発したときに敵に与えるダメージは大きくなります。

大砲
60式 ムート
両カードについて

ダメージ:5%

変更理由

ボムタワーは、現在ゲーム内でダントツで人気の建物です。ボムタワーを弱めることも検討しましたが、同等の他のカードを強化するという方向で進めたいと考えました。

大砲の勝率は42~45%で、60式ムートの勝率はそれよりもやや高いですが、使用率は1%と低くなっています。2つのカードを強化することで、レベルの高いゴブリンでも倒すことができ、地上ユニットへの毎秒のダメージも増やすことができるでしょう。

この変更は3月3日火曜日にリリースされます!